サンキ建設

施工事例

新築リフォーム・リノベーション

京町家を現代町家にリフォーム(京都 中京)

  • 京都市中心部にある京町家の改装工事です(中央の町家)。外観上の変更は、玄関扉の新調と大屋根の瓦を耐震性重視でガルバリウムに変更した程度です。
  • LDKは土間だった部分と一体化し、居住空間を拡大しました。湿気対策や断熱施工も行い、快適な生活空間となりました。
  • 坪庭は活かしました。縁側だった部分もLDKと一体化。断熱性の高いサッシを入れました。
  • 坪庭に沿ってかつて外部にあった水まわり(洗面・洗濯・トイレ・浴室)へ、外へ出なくてもLDKから直接行けるように建物をつくり直し、母屋と繋げました。
  • 土間にあった天窓・高窓からの採光は活かせるようにしました。
  • 玄関土間は残しました。玄関の引き戸は以前より幅広にしました。電気配線の容量を増やし、家電製品を多用してもブレーカーが落ちないようにしました。
  • 土間の天窓・高窓。
  • 階段は架け替え、手すりをつけました。2階の間取りはもとのままで、断熱施工を行い床や建具を張り替えました。
  • 2階はこの居室のみ今日的な内装に改装しました。

京都市中心部にある京町家の改装工事です。昔ながらの京町家を、補強し、断熱性能を高めました。

玄関土間や坪庭や天窓・高窓など、暮らしに潤いをもたらす良い部分はひきつづき活かし、かつての土間部分にあった台所や、外部にあった洗面やトイレなどの使いづらかった部分は室内化するなど、暮らしやすいように大幅に改修・改築しました。

1:京町家が建ち並ぶ一角。写真中央の町家の改装工事を行いました。外観上の変更は、玄関扉の新調と大屋根の瓦を耐震性重視でガルバリウムに変更した程度です。 2:LDKは土間だった部分と一体化し、居住空間を拡大しました。湿気対策や断熱施工も行い、快適な生活空間となりました。 3:坪庭は活かしました。縁側だった部分もLDKと一体化。断熱性の高いサッシを入れました。 4:坪庭に沿ってかつて外部にあった水まわり(洗面・洗濯・トイレ・浴室)へ、外へ出なくてもLDKから直接行けるように建物をつくり直し、母屋と繋げました。 5:土間にあった天窓・高窓からの採光は活かせるようにしました。 6:玄関土間は残しました。玄関の引き戸は以前より幅広にしました。電気配線の容量を増やし、家電製品を多用してもブレーカーが落ちないようにしました。 7:土間の天窓・高窓。 8:階段は架け替え、手すりをつけました。2階の間取りはもとのままで、断熱施工を行い床や建具を張り替えました。 9:2階はこの居室のみ今日的な内装に変更しました。

玄関土間

リフォーム前 リフォーム後
玄関土間
玄関扉を幅広にし、土間コンクリートを敷き直しました。この部分の壁面の塗装はお施主様が自らなさいました。
玄関土間。玄関扉を幅広にし、土間コンクリートを敷き直しました。この部分の壁面の塗装はお施主様が自らなさいました。

キッチン/台所

リフォーム前 リフォーム後
土間を床上げされていた台所
土間を床上げされていた台所は→
土間を床上げされていた台所は建物を補強して室内と一体化し、広々と、使いやすく変わりました。
建物を補強して室内と一体化し、広々と、使いやすく変わりました。
台所と茶の間の段差
段差もあり料理運びや後片付けも
何かと難儀でした。
段差もあり料理運びや後片付けも何かと難儀だった台所は、十分な通路幅のある対面型のキッチンに。ちょっと置けるカウンターも付け、便利に。
十分な通路幅のある対面型のキッチンにリフォーム。
ちょっと置けるカウンターも付け、便利に。
台所の壁をとり、広々空間に
狭く圧迫感があった台所は→
台所の壁をとり、建物の補強を行い、広く快適な生活空間に変わりました。
建物の補強を行い、広く快適な生活空間に変わりました。
リフォーム前の茶の間
リフォーム前の茶の間(上)。
右の写真は解体後の同じ部分。
このあと、防湿対策をほどこした鉄筋コンクリートを地面に敷き詰め、耐震性を高めました。
解体後の、茶の間だった部分。このあと、防湿対策をほどこした鉄筋コンクリートを地面に敷き詰め、耐震性を高めました。

リビング/居間

リフォーム前 リフォーム後

坪庭に面する縁側や障子のスペース分、
手狭な感じがした居間は→
縁側を居室と一体にして広く使える空間になりました。サッシの断熱性を高め、縁側がなくとも快適なりました。
縁側を居室と一体にして広く使える空間になりました。サッシの断熱性を高め、縁側がなくとも快適になりました。
居間から坪庭、トイレ、洗面、浴室方向。一旦外に出る必要があった水まわりを、居室と一体化して便利に快適になりました。
居間から坪庭、トイレ、洗面、浴室方向。一旦外に出る必要があった水まわりを、居室と一体化して便利に快適になりました。
居室、水まわりの工事写真です→ 解体した様子です。
↑ 解体した様子です。
水まわりとなる奥の場所まで地面に防湿シートを敷き詰め、その上に基礎用の鉄筋を施設した様子です。ここにコンクリートを流し込んで地面を覆い、耐震性を高めました。
↑ 水まわりとなる奥の場所まで地面に防湿シートを敷き詰め、その上に基礎用の鉄筋を施設した様子です。ここにコンクリートを流し込んで地面を覆い、耐震性を高めました。
居間と奥の水まわりに新しい床を張った様子です。写真右手の土間だった位置の壁=柱を撤去し、代わりに建物の強度を高めるための太い梁などを新しく入れることによって、広い生活空間を確保しました。
↑ 母屋と奥の水まわりに新しい床を張った様子です。写真右手の土間だった位置の壁=柱を撤去し、代わりに建物の強度を高めるための太い梁などを新しく入れることによって、広い生活空間を確保しました。

トイレ、洗面脱衣室、浴室、洗濯

リフォーム前 リフォーム後
トイレリフォーム前
少し窮屈だったトイレにゆとりが生まれました。
少し窮屈だったトイレにゆとりが生まれました。
屋外にあった洗濯場
土間というか屋外にあった洗濯機置き場は洗面脱衣室に。家事負担がどれだけ軽減された事でしょうか。
土間というか屋外にあった洗濯機置き場は洗面脱衣室に。家事負担がどれだけ軽減された事でしょうか。
洗面、お風呂
洗面台は広く明るく。お風呂はお掃除しやすいユニットバスに入れ替えました。
洗面台は広く明るく。お風呂はお掃除しやすいユニットバスに入れ替えました。

もと台所土間の工事の様子

リフォーム前 リフォーム後
通り土間にあった台所
台所と居室の間にあった
壁を取り払い→
台所と居室の間にあった壁を取り払い構造を補強して広い空間に変わりました。
補強して広い空間に変わりました。
解体から補強工事の様子です→  解体された状態です。
↑ 解体された状態です。
地面を鉄筋コンクリートで覆って耐震性を高めました。補強が必要な柱は補強しました。コンクリートに束を立てて新しい土台を作って行きます。
↑ 地面を鉄筋コンクリートで覆って耐震性を高めました。補強が必要な柱は補強しました。コンクリートに束を立てて新しい土台を作って行きます。
台所と居室との間の間仕切り壁=柱を取り払った代わりに、柱と柱の間を構造用合板の面材で固定したり、太い梁を入れるなどして建物の強度を高めて、ゆとりの生活空間をつくり出しました。
↑ 台所と居室との間の間仕切り壁=柱を取り払った代わりに、柱と柱の間を構造用合板の面材で固定したり、太い梁を入れるなどして建物の強度を高めて、ゆとりの生活空間をつくり出しました。

完成した居室。土間にあった天窓・高窓を活かして、部屋の中程にも陽光を取り入れる工夫を施しました。
↑ 完成した居室。土間にあった天窓・高窓を活かして、部屋の中程にも陽光を取り入れる工夫を施しました。

水まわり棟の改築

リフォーム工事中 リフォーム後
一旦外に出る必要があったトイレなどの水まわり棟を改築し、母屋の居室とつなげました。
一旦外に出る必要があったトイレなどの水まわり棟を改築し、母屋の居室とつなげました。
一旦外に出る必要があったトイレなどの水まわり棟を改築し、母屋の居室とつなげました。
リフォーム工事中の様子です→ 坪庭、水まわりの改修の様子です。
耐震性を高めた快適空間とするために、解体後の地面に防湿シートを敷き詰めた上で鉄筋コンクリートで覆い、ほぼ新築に近い水まわり棟にリフォームしました。
耐震性を高めた快適空間とするために、解体後の地面に防湿シートを敷き詰めた上で鉄筋コンクリートで覆い、ほぼ新築に近い水まわり棟にリフォームしました。
完成後のトイレと坪庭です→ トイレ リフォーム後
坪庭 リフォーム後。サッシはペアガラスで断熱性も高めました。
サッシはペアガラスで断熱性も高めました。

坪庭

リフォーム前 リフォーム後
坪庭リフォーム前
縁側の障子で隠れてあまり見えなかった坪庭は、障子を無くす事でより身近に。こころ潤すゆとりの空間です。
縁側の障子を取り払う事で生活空間と坪庭がより近い感覚になりました。
こころ潤すゆとりの空間

土間・吹き抜け・天窓・高窓

リフォーム前 リフォーム後
通り土間吹き抜け
土間の吹き抜けにあった
バルコニーのような縁台は取り払いました。
土間の吹き抜けにあったバルコニーのような縁台は取り払いました。
通り土間吹き抜け
母屋から出ていた軒もカットし、
照明を付けて和の良い雰囲気に。
土間吹き抜けに母屋から出ていた軒もカットし、照明を付けて和の良い雰囲気に。
台所吹き抜けにあった高窓
台所吹き抜けにあった高窓。
土間の位置にあった高窓を活かして、暗くなりがちな居室の中程にも陽光を取り入れる工夫を凝らしました。
土間の位置にあった高窓を活かして、暗くなりがちな居室の中程にも陽光を取り入れる工夫を凝らしました。
通り土間(台所側)
↑リフォーム前の通り土間(台所側)
リフォーム後の上がり口側の土間。土間コンクリートをチャコールグレーの落ち着いた色調に。壁や柱の色とも調和して落ち着いた雰囲気になっています。
リフォーム後の上がり口側の土間。土間コンクリートをチャコールグレーに。壁や柱の色とも調和して落ち着いた雰囲気になっています。

階段まわり

リフォーム前 リフォーム後
再利用できる部材は活かしています。
再利用できる部材は活かしています。
頭上の棚を取り払って、階段を使いやすく。
頭上の棚を取り払って、階段を使いやすく。

階段は架け替えて手すりを付けました。
階段は架け替えて手すりを付けました。

階段の引き戸も部材を再利用しつつ新調。エージングされた取手は建具職人の遊び心でしょうか?
階段の引き戸も部材を再利用しつつ新調。 エイジングされた取手は建具職人の遊び心でしょうか?

2階リフォーム後の様子です。
2階リフォーム後の様子です。
2階リフォーム後の様子です。

2階の改修

リフォーム工事中 リフォーム後
2階床の構造材を張り替え
2階は床の構造材を張り替え、建具や壁も張り替えました。
2階は床の構造材を張り替え、建具や壁も張り替えました。今日的な装いに改装した部屋と、昔ながらの装いの部屋が調和しています。
今日的な装いに改装した部屋と、昔ながらの装いの部屋が調和しています。
今日的な装いの部屋への改装工事中
今日的な装いの部屋への改装。
今日的な装いの部屋への改装。断熱施工を行い、柱を見せずに大壁に。
断熱施工を行い、柱を見せずに大壁に。
一見手を加えていないように見えるところも、丁寧に施工されています。
一見手を加えていないように見えるところも、丁寧に施工されています。
一見手を加えていないように見えるところも、丁寧に施工されています。
リフォーム工事中
京町家は美しいです。
京町家は美しいです。
物干台
サビが目立つようになった物干し場も新しく。
物干し台/バルコニー

施工事例一覧ページへ

  • 現代京町家/新築・リフォーム・リノベーションで京町家暮らし
  • 耐震3階建/大手メーカーでは対応困難な条件でも安全快適に
  • サンキ建設のコスト対策/コストパフォーマンスの良い家
100年住める家を建てる | 施工例 | 家づくりの流れ | 完成保証 | 土地をお探しの方へ |
関連書籍 | リンク | 個人情報保護方針 | 社員募集 | 会社概要 | 問い合わせ・資料請求 | トップページ