サンキ建設

長期優良住宅(大津市 O様邸)
建築記 2 地盤調査

長期優良住宅の建築プロセス

  • 認定申請
  • 地盤調査
  • 地盤補強
  • 基礎・配筋工事
  • 基礎・コンクリート工事
  • 配管工事
  • 土台、上棟
  • 屋根工事
  • 木工事
  • 内装、造作工事
  • 内装仕上げ
  • 完成
  • お引越し後
  • 第2回からは、現場の進行状況の紹介をさせていただきます。


    建て替えの場合、一番先に解体工事に着手することになります。
    ご近所様への工事着工の挨拶廻りをし、
    工事の説明とご迷惑をおかけすることのお詫びをします。
    特に解体工事は、平穏だった環境が急にうるさくなり、
    どうしてもほこりがでますので、
    その旨を十分ご説明し、ご理解をいただくようにします。
    この解体工事で、ご迷惑を最小限に抑えるよう、細心の注意をはらいます。

    古い建物の解体が終わると
    地鎮祭を行い、土地の神様に工事のおことわりと無事を祈願します。
    その後、地盤調査をし、地盤の状況を確認します。
    住宅の場合、「表面波探査法」か「スウェーデン式サウンディング試験」
    のどちらかで行うのが一般的です。


    O様邸では 「表面波探査法」 という方式で行いました。
    地盤調査
    振動測定器
    地盤調査
    起震機


    起振器と受信機で微振動を起こし、その速度を測定して
    地盤構成と地盤の強度と特性を把握する方法で、
    調査ヶ所は建物の4隅と中央の合計5ヶ所で行い、
    それぞれの状況と全体のバランスを判断します。

    その結果、表層部の地耐力にバラツキがみられ、
    若干バランスの悪い地盤であることが分かりました。
    ただ、表層部の一部であったため、
    たいそうな地盤改良工事ではなく、
    基礎下30cmの砕石置換工法で対処しました。

    弊社では全ての住宅につけている
    地盤保証保険の対象にもなっています。


    次回からは、実際の現場の写真を紹介していきます。
    次へ→

    長期優良住宅の建築プロセス

  • 認定申請
  • 地盤調査
  • 地盤補強
  • 基礎・配筋工事
  • 基礎・コンクリート工事
  • 配管工事
  • 土台、上棟
  • 屋根工事
  • 木工事
  • 内装、造作工事
  • 内装仕上げ
  • 完成
  • お引越し後
  • 100年住める家を建てる | 施工例 | 家づくりの流れ | 完成保証 | 土地をお探しの方へ |
    関連書籍 | 京町家リノベーション宿泊施設 | 個人情報保護 | 社員募集 | 会社概要 | 問い合わせ・資料請求 | トップページ