サンキ建設

家づくりの流れ

どこに依頼するか

依頼先選び
サンキ建設の長所、短所

家づくりの行程

サンキ建設の施工現場

1. 着工
2. 基礎工事
3. 躯体工事
4. 上棟
5. 躯体内部工事
現場内での取り決め

どんな家を建てるか
住宅工法比較

依頼先選び/サンキ建設の長所

地場の建設会社であるサンキ建設の長所は、次の3点だと考えています。

1. 建築実績が豊富であり、設計や施工の経験を活用できる
2. お施主様の意向や土地の条件に柔軟に対応した家づくりができる
3. コストパフォーマンスに優れる

1 実績や経験は、注文住宅建築40年余にわたる地道な努力によって培われたものです。ハウスメーカーの施工棟数は膨大ですが、ひとつひとつは地域の下請け工務店などがマニュアルに沿って施工しており、実際には他の方法がより良いのに変更が許されなかったり、注文住宅のように一軒一軒の納まりが違う場合、豊富な施工実績をもとに判断した方がスマートに納まることの方が多いと考えられます。

サンキ建設の最大の長所は長年の実績により蓄積されたノウハウを生かすことが出来るプロとしての誇りと目の行き届く範囲の工事量しか施工しないことだと思っています。

2 プランニングの自由さについては、ある意味設計事務所の方が優れているかもしれません。
しかし、デザインのみを優先して、機能性・完成後のランニングコストやメンテナンス性とのバランスが取れなくては良い住宅とは言えないのではないでしょうか。
住宅は店舗などとは違い、何十年間の維持管理コストも忘れてはいけないポイントのひとつだと思います。

サンキ建設は「商品」「作品」「物件」では無く、お施主様の住み方、こだわり、趣向を常に優先しながらプロのアドバイスを加えたバランスのとれた「家創り」を提案いたします。

3 コストパフォーマンスとは、たとえばハウスメーカーや地場大手ハウスビルダーの場合、膨大なテレビCM費用や住宅展示場の建設・維持費用が見積価格の中に含まれ、また、多くの下請けを抱える重層構造を持つため、同じ坪単価で比較すると、サンキ建設の方が、実質的にはより良いものをお施主様にご提供することができると考えています。

サンキ建設の家づくり、不安なところは?

逆に、地場の工務店・建設会社に依頼する時の不安な点は、次のようなことではないでしょうか。

1. しっかりと作ってくれるのか? モノは確かか?
2. キッチリ完成させて、あとあと面倒見てくれるのか? 倒産したりしないか?
3. デザインやイメージはどうなの?希望はどこまで言っていいの?

1、しっかりした確かな家づくりのために、サンキ建設は安全基準を明確に示せる家づくりを行います。全棟構造計算を行い第三者機関による検査を実施する「重量木骨の家」を採用しています。「重量木骨の家」とは、「安全性とデザイン・空間の自由さを、科学的な根拠と検査をもって両立させるシステムを持った家」です。

しかし私たちが何より見ていただきたいのは、多くの施工実績によるノウハウを発揮できる現場です。私たちの施工中の現場を、何度でも、ぜひご覧ください。

2 の不安については、完成引渡保証制度、地盤保証制度、瑕疵保証制度により、安心の裏付けを行っています。また、末永くサービスを維持できるよう、たゆみない経営努力を続けてまいります。

3、これから建てる家は自分の家なんだから自分らしいデザインやイメージを大切にしたいものです。
サンキ建設ではまず施工例写真や雑誌を使ってデザインやイメージの方向性をお客様と共有します。その上で建築パースを描き実際のイメージの打合せに入っていきます。
また、注文建築の最大の醍醐味は、かゆいところに手が届く、細部の使い勝手が自分の思い通りに設計に生かされることだと思います。
そのために、サンキ建設では営業マンを通さずに設計士が直接お客様と打合せをし、ニュアンスを図面に落とし込んで行きます。

「商品」や「物件」では到底なし得ない、細部へのこだわりをサンキ建設は大切にします。

家づくりについて、ご不安な点や疑問がございましたら、お気軽にご質問ください。
もちろん、ご相談は無料です。
→メール  TEL 075-581-4141

100年住める家を建てる | 施工例 | 家づくりの流れ | 完成保証 | 土地をお探しの方へ |
関連書籍 | リンク | 個人情報保護方針 | 社員募集 | 会社概要 | 問い合わせ・資料請求 | トップページ