サンキ建設

家づくりの流れ

どこに依頼するか

依頼先選び
サンキ建設の長所、短所

家づくりの行程

サンキ建設の施工現場

1. 着工
2. 基礎工事
3. 躯体工事
4. 上棟
5. 躯体内部工事
現場内での取り決め

どんな家を建てるか
住宅工法比較

サンキ建設の施工現場 5. 躯体内部工事

「重量木骨の家」は木造ですが、在来工法と比べ構造に多くの違いがあります。特に基礎や金物に独特なものがあり、木造というよりどちらかと言うと、構造の考え方は鉄骨構造に似ています。震災の教訓から生み出された「重量木骨の家」は、木造で強さにとことんこだわった構造体です。

バルコニーのはね出し部分



バルコニーを受ける梁

在来工法ですと、バルコニーに続く部屋の梁を延長するのですが、「重量木骨の家」では、梁だけを単独で出しています。これを片持ち梁(キャンチレバー)といいますが、これも鉄骨造に似た方法で、頑丈さを表しています




小屋部分の構造

上の写真は屋根の垂木と桁(左写真)、棟木(右写真)を金物(ひねり金物)でつないでる写真です。

釘で斜めから打っている程度の業者さんもおられますが、風は横や上からだけではなく、下からの吹き上げの力も大きなもので、屋根が吹き飛ばされる原因にもなります。そのような力に抵抗する為にこれくらい丈夫にするする必要があり、この金物を「あぶり止め」や「ハリケーンタイ」とも言います。






緑色に着色された釘

耐力壁

「重量木骨の家」は、柱・梁の軸組みプラス部分的に耐力壁を設け、横からの力に耐えるように設計されます。

壁を良く見ると、緑色に着色された釘が使われています。これはデザインされた釘という訳ではなく、色の違いで釘の長さを分けています。耐力壁はただあれば良いというわけではなく、丈夫さが求められます。そのために釘の長さや、打つ間隔までが規定されています。

火打梁

天井の縦と横の梁に斜めに設置された金物、これを火打ち梁といいます。床面には構造用合板を貼っていますので設置しておりませんが、床面の変形を防ぐためのものです。

現場内での取り決め

1. 着工  2. 基礎工事  3. 躯体工事  4. 上棟  5. 躯体内部工事  現場内での取り決め

100年住める家を建てる | 施工例 | 家づくりの流れ | 完成保証 | 土地をお探しの方へ |
関連書籍 | リンク | 個人情報保護方針 | 社員募集 | 会社概要 | 問い合わせ・資料請求 | トップページ