サンキ建設

家づくりの流れ

どこに依頼するか

依頼先選び
サンキ建設の長所、短所

家づくりの行程

サンキ建設の施工現場

1. 着工
2. 基礎工事
3. 躯体工事
4. 上棟
5. 躯体内部工事
現場内での取り決め

どんな家を建てるか
住宅工法比較

サンキ建設の施工現場 4. 上棟

「重量木骨の家」は木造ですが、在来工法と比べ構造に多くの違いがあります。特に基礎や金物に独特なものがあり、木造というよりどちらかと言うと、構造の考え方は鉄骨構造に似ています。震災の教訓から生み出された「重量木骨の家」は、木造で強さにとことんこだわった構造体です。

上棟

柱、梁と構造躯体が完成し、床板、屋根板の下地もほぼ出来上がり、ようやく上棟を迎えました。
これからはほこりやごみ等が飛び散らないように養生シートを張りますので外からは見えないのですが、大工さんの細かな工事や、設備工事・屋根工事・外壁工事といった専門の業者さんが出入りします。

※上棟というのは小屋組の一番上に乗る棟木が出来、骨組みが完成した時点の事で、この時に祝う儀式を「上棟式」または「たてまえ」と言います。昔はもちをまいたり、職人や近所の人とお祝いの席を設けたりしていました。







骨組み

部分的に仮筋違い設けて安全をきしています。
床は、根太を貼ることなく1・2階とも28mm合板で敷き詰めることで、しなりが少なく、
床面のねじれ(剛性)が強くなります。また施工も早く安全に仕事が出来ます。

※根太工法の場合、床が貼られるまで根太、大引きの上を歩かなくてはならいのですが、
床を先に貼ることにより、安全性、施工性の向上につながります。



信頼の集成材

それぞれの柱には全て設置する通り記号が印字されています(左写真)。またJASの認定書(写真右)が貼り付けられており、品質の高さを証明しています。


?「いの一番」という言葉があります。これも建築用語がら発生したもので、昔は南東の端に一番最初に柱を建てたそうでそこが「い」の「一番」という事です

建物全体を被う養生シート

5. 躯体内部工事

1. 着工  2. 基礎工事  3. 躯体工事  4. 上棟  5. 躯体内部工事  現場内での取り決め

100年住める家を建てる | 施工例 | 家づくりの流れ | 完成保証 | 土地をお探しの方へ |
関連書籍 | リンク | 個人情報保護方針 | 社員募集 | 会社概要 | 問い合わせ・資料請求 | トップページ