サンキ建設

100年たっても住みたい家を建てる〜 家づくりのコンセプト

100年たっても住みたい家を建てる

重量木骨の家

構造の確かさ

全棟構造計算

施工実績、施工品質

部材、接合部の強度

安全確立のシステム

リスク回避ノウハウ

第3者機関検査体制

設計、施工記録の保持

空間の多様性・可変性

大空間から多様な空間を創る

構造を活かす設計力

構造体と間取を分離

太陽や風を快適にデザインする。SE構法SOWEデザイン

空間の多様性・可変性

お施主様の理想の空間を実現する。それと同時に、将来の家族構成の変化やライフスタイルの変化に応じて快適な生活ができるように、建物内部を間取替えできるかどうか、多様な空間が作れるかどうかを考慮して構造全体を設計しておくおことも、また大切なことではないでしょうか。
構造の長所を活かした設計ができるかどうか、設計力が試されるところです。

全棟構造計算
施工実績、施工品質
部材、接合部の強度

リスク回避ノウハウ
第3者機関検査体制
設計、施工記録の保持

大空間から多様な
 空間を創る
構造を活かす設計力
構造体と間取を分離

大空間から多様な空間を創る。

「重量木骨の家」は、壁で支える一般的な在来工法とは違い、柱と梁で支える準ラーメン構造です。家全体をひとつの空間ととらえてワンルームのまま広く贅沢に使うことも、部屋を分けて使うことも思いのままです。こだわりの空間が安全・安心につくれます。

大空間(ワンルームマックス空間)

ワンフロアすべてをワンルームとして最大限に利用することができます。必要に応じて間仕切り家具で空間を仕切るなど、ライフスタイルに合わせた空間づくりも可能です。

吹き抜け

従来の工法では難しかった、1階から3階までの吹き抜けなど、大胆なプランが可能。太陽の光をふんだんに取り入れた、明るく開放的な空間をつくることができます。

大開口窓

構造計算で強度が証明されるため、大きな窓をつくることもできます。やさしいぬくもりと開放感あふれるリビングが実現できます。

屋上バルコニー

屋根の部分を大胆に開放したルーフバルコニー。狭い庭や、隣家で日影になってしまう庭をつくるよりも、広い屋上に庭をつくるろう、という発想です。

構造の長所を活かせる設計力。

大空間を可能にする「重量木骨の家」では、部屋数確保を重視する「xLDK」という設計方法以外の空間作りが発想できるかどうかも重要になります。
「xLDK」という考え方の基本を、プライバシー確保と住宅の規格化ととらえれば、「重量木骨の家」ではプライバシーを確保することも、よりオープンにすることも可能であり、規格化されない大空間そのままで使うことも出来るようになります。
住む人のライフスタイルに即した自由な空間作りが可能で、設計の自由度が高いために、より広い視野を持った、きめ細かい空間設計が求められます。

構造体と間取を分離(スケルトン&インフィル)。
ライフスタイルの変化に応じて住空間を変えられる家。

新しいカタチの木造注文住宅を実現する「スケルトン&インフィル」という考え方をご存知でしょうか。
「スケルトン&インフィル」とは、建物を「スケルトン(構造体)」と「インフィル(仕切り壁・内装・設備)」とに別々に分けて設計する考え方のことで、「重量木骨の家」のSE構法が木造住宅では唯一、実現しています。
家の性能を決める構造体「スケルトン」と、暮らし方やライフスタイルを決める仕切り壁・内装・設備「インフィル」を分けることができるので、ライフスタイルや家族構成の変化に応じて、自由に、簡単に、そして安全に変えることができます。

家に暮らし方を合わせるのではなく、暮らし方が変われば、家も簡単に、安全に変えることができる。世代を超えて永く住み継いでいく、資産価値の高い住まいに求められることのひとつです。

100年住める家を建てる | 施工例 | 家づくりの流れ | 完成保証 | 土地をお探しの方へ |
関連書籍 | リンク | 個人情報保護方針 | 社員募集 | 会社概要 | 問い合わせ・資料請求 | トップページ