サンキ建設

100年たっても住みたい家を建てる〜 家づくりのコンセプト

100年たっても住みたい家を建てる

重量木骨の家

構造の確かさ

全棟構造計算

施工実績、施工品質

部材、接合部の強度

安全確立のシステム

リスク回避ノウハウ

第3者機関検査体制

設計、施工記録の保持

空間の多様性・可変性

大空間から多様な空間を創る

構造を活かす設計力

構造体と間取を分離

太陽や風を快適にデザインする。SE構法SOWEデザイン

構造の確かさ

住まいの物理的な性能を確保すること。そのためには、 1)設計の確かさ、 2)施工の確かさと品質、 3)使用部材や接合部分の強さと耐久性、 の3点が証明される必要があります。
法的には未だ義務づけられてはいませんが、「確かな家」には欠かせないこの3点の証明を実行し公開することで、最も重要でありながら判断しにくい「安全」という性能を誰の目にも分かりやすくすることができると考えています。

全棟構造計算
施工実績、施工品質
部材、接合部の強度

リスク回避ノウハウ
第3者機関検査体制
設計、施工記録の保持

大空間から多様な
 空間を創る
構造を活かす設計力
構造体と間取を分離

全棟構造計算で、住まいの安全性を証明。

家の強さはどこで差がついているのか? その答えのひとつが「構造計算」です。ほとんどの木造住宅が未だに構造計算を行っていない現状のなかで、家を建てるすべてのお施主様に家の安全性能を、もっと分かりやすく、目に見えるものにするために、全邸に構造計算を行う「重量木骨の家」を採用しています。
ビルや架橋、大型建造物と同じように、住まいに、どんな力が加わり、どんな衝撃まで耐えることができるかを、日本で初めて国土交通大臣の電算プログラム認定を受けた「構造計算」システムによって証明しています。
本当に良い家をもっと選びやすくするためのシステムです。

確かな施工品質を生み出す施工実績。

住まいづくりとは、単に頑丈な構造体を作ることだけではありません。
多くの実績から長年に渡って学びとってきたノウハウがそこに加わってこそ、本当に良い家を建てることが出来ると、私たちは信じています。
私たちは数多くの注文住宅を、誠実に、丁寧に施工してまいりました。そのなかから学んできたノウハウのひとつひとつは、まさに小さなことや、ほんのわずかな違いの、累々たる積み重ねです。その小さな積み重ねが、住み心地に大きく影響します。
「重量木骨の家」では構造体についての施工品質を客観的に評価するために、第三者機関による検査が義務づけられ、設計どおりに正しく施工されているかのチェックが行われます。

部材、接合部の強度が明確、かつ高耐久。

強度証明が可能で、品質が安定した構造材を使用。

強さを証明し、安全性能を確かなものとするために、強くて安定した品質があり、強度が測定可能でその強度が長く維持できる高品質集成材を、構造材として使用しています。集成材は無垢材に比べ強度のバラツキの範囲が狭く、構造計算に適しているためです。


基礎と柱、柱と梁を、高耐久金物で強固に接合する、地震に強い構造。

実物大住宅での実験や過去の震災の調査から、構造が土台部分で破壊される事例が少なくないことが分かっています。「重量木骨の家」は、基礎と柱を直接金物で緊結し、大地震にも堪えうる13.9トンの耐力を実現しています。在来工法の耐震金物とは文字通りケタ違いの耐力です(右図)。 柱と梁もまた、金物を介して強固に結合されることによって、地震の揺れに対して柱と梁が離脱・破壊される危険性を少なくし、在来工法に比べて飛躍的に安全性を向上させています。

100年住める家を建てる | 施工例 | 家づくりの流れ | 完成保証 | 土地をお探しの方へ |
関連書籍 | リンク | 個人情報保護方針 | 社員募集 | 会社概要 | 問い合わせ・資料請求 | トップページ